読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上越はすまつりに行ってきました

こんにちは、山椒です。

先日、8月3日に上越はすまつりへ行ってきました。

 

上越はすまつりは、新潟県上越市にある、高田城の跡に作られた「高田公園」で催されています。

明治の初め頃、高田藩の財政を立て直すため、お堀にレンコン(ハス)を植えたことが始まりだそうです。

 

f:id:sansyokingdom:20160805231835j:plain

19ヘクタール(東京ドーム4個分)の外堀に、ハスが隙間なく植えられています。

 

f:id:sansyokingdom:20160805231823j:plain

写真ではわかりにくいのですが、花は大人の手のひらほどの大きさがあります。 

ハスの花が一面に広がる様も壮観ですが、ひとつひとつの花を見ても、とても立派です。

 

f:id:sansyokingdom:20160805231811j:plain

つぼみでも、握りこぶしくらいの大きさがあります。

 

f:id:sansyokingdom:20160805231816j:plain

ハスの花は、4日にわたって咲くそうです。

1日目は早朝につぼみが少しだけ開き、昼間には閉じてしまいます。

そして、翌日の朝に満開となりますが、昼ごろにはまた、つぼみに戻ります。

3日目の朝には花が全開し、午後になっても閉じられないまま夜を迎え、

4日目になると花びらが外側に開き切り、散っていきます。

 

f:id:sansyokingdom:20160805231828j:plain

 白い花びらに、花脈だけが 赤く染まっています。 

 

f:id:sansyokingdom:20160805231821j:plain

桜の木で、セミが鳴いていました。

高田公園は、春には桜の名所となるそうです。

 

f:id:sansyokingdom:20160805231813j:plain

途中、小雨にも見舞われましたが、かえって良い風情となりました。

 

f:id:sansyokingdom:20160805231826j:plain

花が立派なので、撮りがいがあります。

観光客が、みな思い思いにシャッターを切っていました。

 

f:id:sansyokingdom:20160805231814j:plain

ところで、ハスの実って、どうしてあんなに気持ちの悪い見かけになるんでしょう。

花とのギャップがすごいんですよね。

 

f:id:sansyokingdom:20160805232719j:plain

晴れた日には、妙高山が眼前に広がります。

 

また、桜のころに来てみたいですね。